フランス組曲

映画「フランス組曲」を観ました。

 

ドイツナチス占領下のフランスで、ドイツ人将校とフランス人主婦の、敵同士の禁断の愛を描いてます。

 

支配者と被支配者の恋愛。しかも、ナチスの将校。私にはちょっと想像できない世界でした。確かにこれは禁断だわ、と。でも、この映画の最大のポイントは、原作の著者が実際にアウシュビッツで亡くなっているという点。戦後、未完の状態だったこの小説が出版され、ベストセラーになったそうです。

 

彼女がどんな想いでこの小説を書いたのか、本人が亡くなっているので、今はわかりません。戦時下、しかもナチスに支配されていた場所にいた彼女が、どうして敵の将校を善人として描くことが出来たのか。過酷な状況の最中にいる人の感情や想像力は、平穏無事な世界にいる者には計り知れないものだと改めて思わされます。

 

もしかしたら、ポジティブな感情や、戦争とは無縁のピュアな衝動が、生きる支えだったのかもしれない。・・・そんな風に思いました。

 

音楽が美しく、恋愛自体もとても切なくて、泣けます。

 

f:id:mofuji:20161226083724j:plain

広告を非表示にする